2007年10月24日

<裁判員制度>辞退事由の政令案公表 「思想信条」明記せず



なんか会社休む理由みたい…w

しかしだな一般人を裁判員にしてどうゆうメリットがあるんだ?
確かに最近のニュースでは裁判の結果で納得いかない部分はあるけど、これは考え方の違いって低度。

自分がもし選ばれたとしても裁判官より的確な判決はだせるだろうか?
最近は弁護士も金のために何でも弁護する的な輩多いし…

裁判は口げんかの世界なんかな?

それよりも政治を監視しないといけないんじゃ?

09年春に始まる裁判員制度に向け、法務省は24日、裁判員に選ばれた人がどのような場合に辞退できるか定めた政令案を公表した。新たに出産などのケースを列記したが、「思想信条を理由とする辞退」は明記せず、ケースごとに裁判官の判断に委ねることになった。

 裁判員法は、70歳以上の人や学生らのほか、「やむを得ない事由」として▽重い病気やけが▽同居親族の介護▽事業上の重要な用務で、自らが処理しなければ著しい損害が生じる恐れがある▽父母の葬式など社会生活上の重要な用務−−の四つを列挙し、辞退を認めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000051-mai-soci

つづきは人気blogランキングで

公式サイトはコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの豊胸手術はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの消費者金融はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの保険はコチラ
posted by 保険 at 19:06 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。