2007年10月11日

【ニュース】三洋の携帯事業は京セラへ、両社が基本合意



三洋の事業が次々と売却されていくが、母体はどうゆう方向へ向かっているのだろう?
従業員達の事を考えると母体の売り上げだけが、再生ではない気がします。
会社が潰れるのと自分だけ解雇されるのの違いは?
結局のところ働くもの1人1人に人生がある事を忘れてはいけない。


三洋の携帯事業は京セラへ、両社が基本合意
10月11日18時41分配信 Impress Watch
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000024-imp-sci
京セラは、三洋電機の携帯電話事業譲渡に関して基本合意に達したと発表した。京セラは優先交渉権を得て、最終合意に向けて三洋側と協議していく。 三洋電機は、2005年11月に発表した現中期経営計画において、携帯電話をコア事業の1つと位置付け、生産体制の海外移管などコスト構造の見直しを行なってきた。しかし、携帯事業の環境の変化を受けて単独での事業展開を断念、事業譲渡によって経営基盤の建て直しを図りたい考え。 京セラが優先交渉権を得て事業を譲受するのは、三洋電機の携帯電話事業のみならず、PHS端末事業、PHS基地局事業、WiMAX基地局を主とする無線通信システム事業に渡る。各事業の2006年度の連結売上高は約2,770億円。

つづきは人気blogランキングで

公式サイトはコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの豊胸手術はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの消費者金融はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの保険はコチラ
posted by 保険 at 20:24 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。