2007年11月14日

ゼロ金利との闘い



ゼロ金利との闘い


「後手後手に回った」「政策判断を誤った」等々、厳しい批判を浴びた日銀。政策決定を理論面で主導してきた著者が、デフレ、実態経済、ゼロ金利政策の効果を分析し今後の出口策を展望する。研究者、市場関係者注目の書。

■著者紹介
植田 和男
1951年 生まれ。1974年 東京大学理学部卒業。1976年 マサチューセッツ工科大学経済学部大学院入学。1980年 同大学院博士課程修了(Ph.D.)。ブリティッシュコロンビア大学経済学部助教授、大阪大学経済学部助教授、東京大学経済学部教授などを経て、1998年4月より2005年4月まで日本銀行政策委員会審議委員。現在 東京大学大学院経済学研究科教授 経済学部長。

■目次
第1章 マクロ経済・金融情勢――概観
第2章 ゼロ金利周辺における金融政策――鳥瞰図
第3章 1998年から2005年までの日銀(およびFED)の金融政策
第4章 時間軸政策の導入
第5章 学界における金融政策論議と時間軸政策
第6章 時間軸政策の効果の実証分析
第7章 短期金融市場における金融政策の効果
第8章 「失われた10年」のマクロ経済学
第9章 構造問題と金融政策

あとがきに代えて――残された論点、これからの論点

引用文献



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

量的緩和解除はどうなる?デフレは克服できたのか?ーー。日銀審議委員として戦後最大の経済危機に立ち向かった著者が、「時間軸政策」など経済の下支えを狙ったデフレ対策の効果を検証。日銀の出口政策を読み解く必読書。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 マクロ経済・金融情勢―概観/第2章 ゼロ金利周辺における金融政策―鳥瞰図/第3章 一九九八年から二〇〇五年までの日銀(およびFED)の金融政策/第4章 時間軸政策の導入/第5章 学界における金融政策論議と時間軸政策/第6章 時間軸政策の効果の実証分析/第7章 短期金融市場における金融政策の効果/第8章 「失われた一〇年」のマクロ経済学/第9章 構造問題と金融政策

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

植田和男(ウエダカズオ)
1951年生まれ。1974年東京大学理学部卒業。1976年マサチューセッツ工科大学経済学部大学院入学。1980年同大学院博士課程修了(Ph.D.)。ブリティッシュコロンビア大学経済学部助教授、大阪大学経済学部助教授、東京大学経済学部教授などを経て、1998年4月より2005年4月まで日本銀行政策委員会審議委員。東京大学大学院経済学研究科教授、経済学部長。著書として、『国際マクロ経済学と日本経済:開放経済体系の理論と実証』東洋経済新報社、1983年(日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
つづきは人気blogランキングで

公式サイトはコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの豊胸手術はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの消費者金融はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの保険はコチラ
posted by 保険 at 16:02 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。