2007年11月05日

Mac再発見の旅



Mac再発見の旅

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

コンピューター市場に占めるマックのシェアは、およそ6%程度だ。しかし、数字だけでは判断できない存在感やユーザーの愛着度がある。その理由はどこにあるのだろう?すべてのパーソナルコンピューターがあこがれた「Mac OS」。現在もなお色あせず、新OSへと引き継がれるであろう魅力について、マックの歴史を紐解きながら探っていこう。きっとMac OSが、そしてマックが、もっともっと好きになるはずだ。MacPeople誌の大人気連載が待望の書籍化。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 GUI概論(初代マックが予言した現在のGUI/「らしさ」を決定づけたマックのダイアログ ほか)/第2章 Finder(アイコンに込められたマックGUIの根源/固定されたメニューバーの秘密 ほか)/第3章 ハードウェア(初代マックハードウェアに仕込まれた方向性/初期ハードウェアのバランスと進化 ほか)/第4章 ソフトウェア(コンピューターからソフトウェアプレーヤーへ/TigerのDashboardはDAの再来か? ほか)/第5章 グラフィック(グラフィックの基礎を作ったQuickDraw/OSの「品質」に貢献してきたPostScript ほか)/第6章 システム(必要なものだけを見せるリソースの秘密/マルチタスクへの道のり ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

柴田文彦(シバタフミヒコ)
1959年静岡県生まれ。東京都立大学大学院工学研究科修了。在学中より、月刊ASCIIなどの雑誌に、主にプログラミング関連の記事を執筆。事務機器メーカーでの研究・開発職を経て1999年に独立。その間、アップル、マック関連の記事をMacPeopleなど、主要なマック系雑誌に執筆。特にアップル製品に関しては、Apple2から最新のマック、iPodまで造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
つづきは人気blogランキングで

公式サイトはコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの豊胸手術はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの消費者金融はコチラ
この記事を読んだ貴方にぴったりの保険はコチラ
posted by 保険 at 01:21 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。